「音声入力ツール」に「キーワードツール」など…

 

今までの労働収入なビジネスとは違い、
”あるシステム”を使った「権利収入ビジネス」が誕生しました。

 

 

「労働収入」と「権利収入」の違いをあなたは知っていますか?

 

労働収入とは、
時間を費やしてやった仕事の分だけ収入をもらう仕事です。

 

サラリーマン、公務員、医者、弁護士、自営業など
約95%の人がこの労働収入に当てはまります。

 

恐らあなたもこの種の収入に当てはまるのではないでしょうか?

 

しかし、労働収入には次のような欠点もあります。

  1. 収入を増やそうとするとそれだけ忙しくなり、自由時間が無くなる。
  2. 病気やけがで仕事を休むと収入が減ったり無くなったりする。
  3. 自営業者以外は定年、解雇等がある。
  4. 休みを自由に取る事が出来ない。

しかし世の中には労働収入とは”反対の稼ぎ方”、

いわゆる『権利収入』で生活をしている人間もいるのです。

 

権利収入は先ほど例に挙げたように、労働によって得る収入ではありません。

 

例えば資産家に生まれてマンションの家賃とか駐車場の代金を月々受け取るタイプの収入等です。

 

ちなみに権利収入に近い稼ぎ方としては「印税収入」というものも存在します。

 

この印税収入とは、作家、作曲家、歌手、発明家等が、
作品を世に出した後にそれが売れている限り売上げの数パーセントのお金を

受け取り続けるいう収入のことで、過去の努力や働きが報われる収入です。

 

しかし、権利収入とか印税収入で生活している人は
わずか数パーセント(5%以下)にすぎません。

 

しかも、資産家に生まれるか、特別な才能が無い限り
このタイプの収入を得る事はほとんど不可能に近いです。

 

しかし21世紀型ビジネスで
普通の人達に権利収入や印税収入などを提供する素晴らしいビジネスがあります。

 

”時間”と”永続収入”の両方を同時に得る事が出来るビジネスです。

 

3ヶ月以内に誰でも「権利収入」を得る方法

「労働収入」と『権利収入』ではどのような差が生まれるのでしょうか。

 

例えば、
有名大学を卒業して一流企業に就職して10年働いたとしても
年収は良くて1,000万円程度にしかなりません。

 

退職するまで25年働いたとして、
退職間際の年収が2,000万円なら相当上位のビジネスマンだと思われます。

 

しかし、現状ではそこまで高額の年収を得ている人はほんの一部で、
労働収入で年収800万以上の人は1割程度だそうです。

 

ちなみに日本の平均年収は400万円前後と言われています。

 

それに対して権利収入の場合は、上限がありません。

 

権利が恒久的なもので
使用料が高額であったり使用シェアや頻度の高いものなら
年収にすると数億になる場合もあります。

 

生涯収入がある程度決まってしまっている労働収入に対して、
上限が無いというところが、『権利収入』の最大の魅力といえるでしょう。

 

そしてもしあなたがまだ『権利収入』を得ていない方でしたら…

 

これからの時代は『権利収入』が必要な時代だということを必ず理解しておきましょう。

 

その理由としては、
先に記した通り日本の平均年収は「400万円前後」と言われています。

 

例えば住宅を購入したり子どもが生まれたりした場合、
この収入だけでは生活が苦しくなってしまいます。

 

何とか切り詰めてやりくりしたとしても、
それは楽な暮らしとはいえないでしょう。

 

しかし世の中にはほぼ働かずに
『権利収入だけで年収1,000万以上』という人は

山ほど存在していることをご存知ですか?

 

その中には、
わずか数年で一般サラリーマンの生涯年収を手にする人もいます。

 

しかも学歴も年齢も性別も関係ありません。

 

権利収入ビジネスの種類は沢山ありますが、
現在の仕事を続けながら副収入を得て、

権利収入ビジネスのみにシフトしていくことを考えている方が圧倒的に多いです。

 

個人的な意見ですが私もそれが賢明だと思っています。

 

ではどうすればその『権利収入』を稼ぎ出すことが出来るのか?

 

 

この違いにいち早く気づけたなら
2017年あなたの収入は劇的に変わっていくことでしょう。

 

【募集は終了しました】

同様のキャンペーンはこちらでも探すことができます。

おすすめの無料案件一覧